浄化槽の3つの義務


浄化槽の法定検査を必ず受けましょう!!!

 浄化槽の状態が正常でないため、公共用水域の汚染等を引き起こす例がしばしば見られます。
 そのため、浄化槽について知事の指定する検査機関の検査を受けることが義務付けられています。

 法定検査は、次のように行います。


 依頼
 法定検査は皆様からの依頼に基づいて実施しますが、岐阜県では、清掃、保守点検、法定検査の3業種と一括して契約する方式 (らくらく一括契約) が推進されています。
 この方式をご利用になれば料金の支払いがより簡便かつお徳です。


当センターは、「らくらく一括契約」 を推進しています。

詳しくは、岐阜県浄化槽らくらくプロジェクト促進協議会のホームページで。

 検査
 法定検査は、指定検査機関の検査員が現場におもむき検査します。
 保守点検、清掃の業務が適正になされているかを法律に基づき外観検査、水質検査、書類検査により公正中立に検査します。
 法定検査には、浄化槽法第7条検査と第11条検査があります。

            7条検査内容    11条検査内容    検査部

 結果
 検査員は結果を公正に評価、判定し、改善すべき点があれば現場で助言します。
 検査員は必ず身分証明書を持参しています。


BACK