浄化槽の3つの義務


浄化槽の保守点検

 保守点検は、浄化槽の各装置や機械類が正常に働いているかどうか、浄化槽全体の運転状況や放流水の状況はどうか、汚泥のたまり具合はどうか、配管やろ材が目詰まりしていないかなどを調べ、浄化槽の正常な機能を維持し、異常や故障などは早期に発見し予防的な措置を講じることを言い、人間でいえば健康管理にあたります。
 浄化槽は微生物の働きによって汚水処理する施設ですから、まさに「生き物」です。微生物が活躍しやすい状況を常に保つ必要があります。特に微生物に酸素を供給するばっ気装置などは休みなく連続運転されていますから、きめ細かな点検が必要となります。また、消毒剤等の消耗品は、定期的に補給、交換が必要となります。
 さらに、各装置の点検を行うことにより、浄化槽の清掃を行うべき時期に行っているか否かを判断し、必要ならば、浄化槽清掃業者に連絡することも保守点検の大切な役割です。
 保守点検は、浄化槽法に基づいた技術上の基準に従って行わなければなりません。保守点検を専門業者に委託する場合は、知事の登録を受けている業者に委託してください。登録業者については、最寄りの地域振興局(又は事務所)環境課へお問い合わせください。


保守点検に関する法令
浄化槽法第8条(保守点検)
浄化槽法第10条(浄化槽管理者の義務)
環境省関係浄化槽法施行規則第2条(保守点検の技術上の基準)
環境省関係浄化槽法施行規則第5条(保守点検の時期及び記録等)
環境省関係浄化槽法施行規則第6条(保守点検の回数の特例)

浄化槽の保守点検回数
通常の使用状態において最低限必要な点検回数です。




処理人数\処理方法 全ばっ気方式 分離接触ばっ気方式
分離ばっ気方式
単純ばっ気方式
散水ろ床方式
平面酸化床方式
地下ろ過方式
20人以下 3ヶ月に1回以上 4ヶ月に1回以上 6ヶ月に1回以上
21人以上
300人以下
2ヶ月に1回以上 3ヶ月に1回以上
301人以上 1ヶ月に1回以上 2ヶ月に1回以上



浄化槽の種類\処理方法 分離接触ばっ気方式
嫌気ろ床接触ばっ気方式
脱窒ろ床接触ばっ気方式
活性汚泥方式 回転板接触方式
接触ばっ気方式
散水ろ床方式
沈殿分離槽又は嫌気ろ床槽を有する浄化槽 20人以下 4ヶ月に1回以上
21人以上
50人以下
3ヶ月に1回以上
二階タンク又は沈殿分離槽を有する浄化槽 3ヶ月に1回以上
スクリーン及び流量調整タンク又は流量調整槽を有するタンク 1週に1回以上 2週に1回以上
沈殿分離タンク、二階タンク及び流量調整タンクのいずれも有しない浄化槽
注)スクリーン付着物の除去及び消毒剤の補充については、表の回数にかかわらず必要に応じて行ってください。

浄化槽に関する各種データ
岐阜県保守点検記録票マニュアル [PDF:124KB] ・・・


BACK